2013年08月16日

袁胤

【史実】


袁術配下であり、袁術の従弟。

丹陽太守となった時、徐琨の攻撃を受けて追放される。

袁術の死後、遺族と柩を守り、かつての同僚である劉勲を頼る。
しかし、孫策の攻撃を受けて消息不明となる。


演義では、袁術死後の逃避行にて、曹操配下に発見され惨殺されたとなっている。












三國志1 袁胤.jpg



【三國志1】


史実通りシナリオ1で袁術配下として登場。

全く活躍しなかった武将の割に、家柄を評価されて‘かりすま’が異常に高く、‘ちりょく’もそこそこ。
とはいえ使える能力ではないため、後方の空白都市を押さえる役が適任。
【武将の最新記事】
posted by 芸美有 at 20:16 | Comment(0) | 武将 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。