2013年09月11日

【第二十六話】三國志1【董卓報復戦】

今日は暇なので余裕を持って文章書けましたうへらうへら(´∀`)


芸美有ですこんばんは。

マップ下方を制圧して楽勝かと思いきや、決定打が放てません。
武力でゴリ押しできる状態にまでなれば、一気にクリアが見えてくるんですけど。




【第二十五話】
↑前回はこちら。













三国志1 徐庶が董卓に寝返る.jpg


董卓の襲撃を食らい、火を放って防戦する黄蓋

しかし....


徐庶敵方に寝返った!!!!


お....おまえ....(´Д` )











三國志1 呂範を捕縛.jpg


怒りの黄蓋は、代わりに呂範を捕らえます。

こちらの損害400。
敵方は1万の兵を失って将までもが奪われる始末。

黄蓋強ぇよ。











三國志1 敵陣に火を放つ.jpg


それでも怒りの収まらない黄蓋は、自軍の城から討って出て、董卓の陣へ突撃し、火を放ちます。

敵君主ごと丸焼きにしてやるっ!!













三國志1 時間切れ勝利.jpg


しかしこの戦闘は時間切れで終了。

黄蓋の力で圧倒的勝利による防衛が成りました。










三國志1 いってみようやってみよう.jpg


報復とばかりに、今度は張郃を使って、董卓領の20国を攻撃。

周瑜は敵が強いと言いますが、事前の調べでは武力60代の2名しか居ないのでどちらかを捕らえるぐらいはできそうなもの。













三國志1 あれ?ワープ?.jpg


!?


あれ?


事前情報と違って、45国に居たはずの、董卓本隊の8万強の軍勢が居ました

なんで?

おかしくね?


もしかして大ワープか!?












三國志1 兵糧を奪われる.jpg


囲まれるのを避けるために放った火が、風に乗って自軍の方へ。

兵糧庫から離れて奮戦したところ、背後から来た敵部隊に兵糧を奪われ敗北


....(TдT)


張郃が捕縛されなかったのがせめてもの救いかな。




次回は呂範のステータス紹介です。

今後は、董卓劉焉を攻めて行きます。






posted by 芸美有 at 21:06 | Comment(0) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。