2013年04月29日

五十音別武将索引

三國志に登場する武将の紹介を五十音順に並べました。

本プレイ中に登場した時のエピソードや能力紹介と、歴史上の活躍の両方を書いています。


【え】

袁胤

袁術

袁紹


【お】

王粲


【か】

蒯越

賈詡

韓遂

韓当

甘寧


【き】

紀霊


【こ】

黄蓋

黄祖


【さ】

蔡瑁


【し】

周泰

周瑜

朱治

蒋欽


【そ】

曹操

孫堅


【ち】

張允

張勲

張郃

陳応

陳紀

陳珪


【て】

程普


【と】

董卓


【ひ】

糜芳


【よ】

楊秋


【ら】

雷薄


【り】

李粛

李豊

劉焉

劉備

劉表

梁紀

梁剛

呂公

呂布


【ろ】

魯粛


posted by 芸美有 at 01:26 | Comment(0) | 武将 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

曹操

【史実】

日本で言う織田信長のような存在。
黄巾賊の乱から登場し、死亡するまで良くも悪くも様々な功績と逸話を残す。
三国のうち「魏」の建国の基礎を作った。




三國志 曹操.jpg




【三國志1】

シナリオ1から君主として登場。
後のシリーズでも能力総合値のトップを争う常連であり、ナンバー1武将と言っていい。


posted by 芸美有 at 01:39 | Comment(0) | 武将 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

孫堅

【史実】

海賊討伐で名を上げ、黄巾賊の乱でも活躍。
その後反董卓同盟に参加し、17鎮の諸侯の先陣を切ったとされる。
演義では洛陽の井戸から玉璽を発見し、これが後の孫策の覇業に大きな意味を持つ。
192年、襄陽での劉表との戦いにおいて死亡。
劉表配下の黄祖による落石を頭に受けたとの説と、黄祖の配下に射殺されたとの説がある。





三國志 孫堅.jpg



【三國志1】

シナリオ1から君主として登場。
「しんたい」と「うんせい」が低い他はトップクラス。


posted by 芸美有 at 01:54 | Comment(0) | 武将 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劉備

【史実】

桃園の誓いにて関羽・張飛と義兄弟の契を交わし、黄巾賊を討伐し台頭する。
その後は、劉焉・公孫讃・陶謙・呂布・曹操・袁紹・劉表など、名立たる君主の下を転がり回る(途中、独立した時期もある)。
徐庶・諸葛亮・龐統といった軍師を得てようやく自らの道が拓け、劉焉の息子劉璋から蜀の地を奪い三国鼎立に成功する。
蜀の地にて皇帝となった後、関羽を殺害した呉を攻撃するも、呉の軍師陸遜の火計によって大敗。
逃亡先の白帝城にて死去。




三國志 劉備.jpg



【三國志1】

シナリオ1から君主として登場。
武力がやや低いけれど全体的に高い能力を誇る。
三國志の主役の1人に相応しい。




posted by 芸美有 at 16:34 | Comment(0) | 武将 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

袁紹

【史実】

当時の首都洛陽にて、政治を乱していた宦官と対立。
その後宦官を一掃するも、ゴタゴタに乗じて入り込んだ董卓に追い出されてしまう。
河北に移り一大勢力を築き、公孫瓚を撃破。
そのまま天下を奪る勢いに見えたが、官渡の戦いで曹操に敗れ、大打撃を受ける。
最後まで天下取りを夢見つつ、202年に病死。
三男を後継者に指名したため、兄弟間で骨肉の争いが起きた。


三國志 袁紹.jpg


【三國志1】

シナリオ1から君主として登場。
病死のためか‘しんたい’の値が低く、戦機の判断や配下の意見の吟味能力に欠けていたせいか‘ちりょく’の評価も低い。





posted by 芸美有 at 17:02 | Comment(0) | 武将 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。