2013年08月31日

【第二十三話】三國志1【曹操討伐戦】

更新が週一ペースから上がらなくて困っている芸美有です前回は自分の名前カタカナにしてしまった恥ずかしい。


目のスタミナと時間が問題。
私の職種においては常につきまとう悩みです。



【第二十二話】
↑前回の記事はこちら。












三國志1 曹操の兵糧を削る.jpg


魯粛の勧めるままに攻め込みました。

1ヶ月丸々耐え切れば食糧切れで勝てる。

ただしそれが難しい、という戦い。













三國志1 直接火計を放つ.jpg


夏侯淵に接近されました。

相手の方が武力が上なので、普通に戦うと負けます。

そこで、火計を仕掛けて攻撃を受けないようにします。



が。



相手の兵数が減り、食料消費が落ちたので、1ヶ月じゃ決着がつかなくなりました。

最終的に、火に巻かれたので逃走












三國志1 偽りの敗北.jpg


まあ、相手の兵糧削ったし、目的は果たしたかな。

上々の働きだよ、蒋欽











三國志1 兵糧回復.jpg


戦果を確認するために調査をしてみました....。



(´Д`;)ナニィ!



兵糧が回復している!!

これってもしかして....。



蒋欽米置いて逃げた!?

おおおおまえええええ、意味ねーじゃねーーーかあああああ!!



というわけで、今回の曹操戦は完全に失敗に終わりました。

どうやら、逃走時に金と米を置いて逃げるのは仕様のようです(´Д`;)











三國志1 陳応登用.jpg


曹操戦で失敗したため、今度は孫堅に狙いを付けました。

今回は、大部隊で包囲したいので、武将数を増やします。

まずは陳応をスカウト。


続いて、劉度丁奉もスカウト予定です。



次回は、孫堅戦か董卓戦をお届けできるかと思います。

その前に武将紹介を挟みます。


posted by 芸美有 at 19:39 | Comment(0) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年08月23日

【第二十二話】三國志1【曹操対蒋欽】

環境が安定したもののブログ更新にはなかなか時間を割けないゲイビアルです悩ましいなあ。


このシリーズ、完走までなんとかやりきりたいです。
例え読者が1人しか居なくとも!!



【第二十一話】
↑前回はこちら。












三國志1 191年 洪水.jpg


191年夏、洪水が発生しました。

近隣エリアでは42番の土地が被害を受けました。

あんま関係無い( ̄▽ ̄)













三國志1 曹操討伐.jpg


曹操の支配下である7国の兵糧が少なかったので、しばきに出向きます。

魯粛曰く....もうええっちゅうねん。











三國志1 曹操を兵糧攻め.jpg


はい、数字の差はこのようになっております。

46000居る兵士に対し、980しか兵糧がないので、5日耐え切れば兵糧切れで勝ちます。












三國志1 兵糧攻め余裕です.jpg


今回は火計を使いません。

5日程度なら、接近戦になっても耐え切れます。

火計を使ってしまうと、風向きに関係なく炎が自分の方に燃え広がる危険性があります。


そうなると、火から逃げる→食料庫が空く→食料庫の火が消える→自軍火に囲まれて戻れない→相手に奪われる....という危険性が生じます。












三國志1 曹操に勝利.jpg


あっさり耐え切って勝利。

武力差なのか武装度の差なのか、攻撃されても全くダメージを受けませんでした


残念ながら、狙っていた武将を捕らえる事はできず、全員逃してしまいました

ノーリセット縛りなので、やり直しはもちろんしません。













三國志1 さらに曹操討伐.jpg


さらに、曹操の本拠地の29国の兵糧が薄いので、隙を逃さず攻めようとしています。

しかし今回は、相手の兵数6万に、武将数3、兵糧は8900ほどあります。


兵糧消費が1日あたり300なので、1ヶ月丸々耐え切らなければなりません。

うーむ、魯粛はイケイケって言うけど、これはどうなんだろう....。

兵糧を削って苦しめる目的で攻めてみようか。





というわけで次回は曹操討伐戦続編です。


乞うご期待!!

















posted by 芸美有 at 23:20 | Comment(0) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年08月18日

【第二十一話】三國志1【董卓対呂布】

1ヶ月以上のご無沙汰でした芸美有ですお久し振りです。


ようやくこちらのプレイ日記を書く時間を確保できました。
クリアまで諦めず根気よくやっていくので、しばらく更新が滞っても、思い出した時に覗きに来てください。



【第二十話】
↑前回はこちら。














三國志1 陳応.jpg


程普が暇だったので、武将を捜索させてみたら陳応を発見。

誰だっけこいつ....。











三國志1 とうたくがせめこんできました.jpg


とうたくが、せめこんで、きました。

45番の領地から、40番の我が領地に攻め込んで来られました。
45番は、董卓自ら治める本拠地。
今回の攻撃も、自ら指揮を執るようです。

対するこちらは、呂布1人で守っています。


ピンチだ!!(;´д`)













三國志1 董卓軍VS呂布.jpg


兵力差は2:6で不利

しかし、こちらは呂布です。
董卓以外は大した武力じゃないので、武力がモノを言うこのゲームにおいては、余裕で守り切れる....はず。













三國志1 呂布の火計.jpg


♪ファイア〜ファイア〜ファイアぁあああ〜

例によって、そこいら中に火を放ち、炎のバリケードを築きます。
火が着いているマス目には移動する事ができません。


で。


武力100で、兵200の呂布に対して、武力60ぐらいで兵200の敵将が攻撃して来たところ、こちらが1減る間に向こうは8ぐらい減ります。
かなり余裕で生き延びられます。
2部隊で一斉攻撃された場合、2対4ぐらいになりますが、それでも余裕です。
火のバリケードを作りながら、必ず1対1で戦うようにします。

ただしこちらから攻撃すると、ダメージ比は変わります。
どうやら受け側の方が有利な設定になっているように思われます。














三國志1 火に巻かれる董卓.jpg


燃え広がった火が、董卓の陣取る兵糧庫まで到達。

しかしそこは悪運の強い董卓、火に巻かれながらもギリギリで生き延びておりました。


ここで董卓が動いたからといって、城を出て兵糧を奪いに行くのは良策ではありません。

自分自身が火に巻かれ、退却する羽目になりかねない。

城には火が広がりにくいため、城を守っていた方が有利なのです。











三國志1 呂布で防衛.jpg


防衛成功!!

呂布が大活躍でした。

兵の損失は....


呂布軍:−22

董卓軍:−272



圧倒的武力差ってやつですね。




次回は、孫堅か董卓を攻めます。

乞うご期待!!







posted by 芸美有 at 18:34 | Comment(0) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。